JJはデカケツ

映画

デスプルーフの感想と、観るべきポイントを解説します。1分で読めます。

 



デスプルーフ、クエンティン・タランティーノ監督作品です。

こちらの作品、45分ごろから様子が変わります。

イケイケのアメリカン若者ムービーから、一気に緊張感が高まります。

その見せ方がなんとも秀逸。興奮しました。

きっとあなたも、カートラッセルが怖くなる。そして最後はすっきりできます。

タイトルにあるJ.Jとは、映画に出てくる女性の名前です。ジャングル・ジュリア略してJ.J。

この作品にはたくさん女の子が出てきます。

見どころその1はそこです。

みんなそれぞれに魅力的。アメリカの多様な女性の美しさをとてもうまく表現しています。流石タランティーノ。

後半の頭、ボンネットに座ってブーツを履くシーンはとても美しい。瞬き禁止です。

その2はカメラの切り替わりですね。

今作はあえて古くてチープな雰囲気を出すように撮影されているそうです。ミニシアターへの感謝の念で。

そのため、映像が緑がかっていたり、白黒だったり、ちゃんと鮮明だったりに切り替わります。

これによって、ドキッとするような演出が生まれます。先に説明したブーツのシーンもこのあたりです。

きっとタランティーノにはもっと狙いがあるのでしょう。また見直してみます。

最後までお読みいただきありがとうございます!

45分までは少々退屈だし、多少胸糞悪いシーンもありますが、後半への衝撃のための”溜め”だと思って耐えてください笑

素敵な女の子たちが、フォローしてくれますから。

あと、車好きはもっと楽しめるかも。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました