【ジャック・ぺラン】私が一番一緒に泣いた人

映画

俳優「ジャック・ぺラン」が亡くなりました。

ご冥福をお祈りするとともに、私にとって、とても大切な映画に出演した彼を少し紹介させていただきます。

はじめに

ジャック・ぺラン(Jacques Perrin)」は、1941年7月13日 – 2022年4月21日)は、フランス・パリ出身の俳優・映画製作者です。

画像1

こちらはとても若いころの写真集の一枚です。

フランスやイタリアを拠点に俳優として1960年代から活躍し、1990年代以降は、映画製作者としても活躍しました。「OCEAN’S」「WATARIDORI」など、自然をテーマにした作品をいくつか手掛けました。

しかし彼と言えば、なんと言っても…

名作「ニューシネマパラダイス」に出演

1988年「ニューシネマパラダイス」に出演しました。

主人公トトが成長し、立派に映画関係者として成功した姿を演じました。

画像2

ラストシーンは至高です。驚きと暖かさと切なさと優しさが一気に押し寄せる素晴らしいシーンです。

何度泣かされたことか…。私は泣いてストレス発散したくなったら「ニューシネマパラダイス」を観ると決めています。

誰よりも、何よりも、「ジャック・ぺラン」を観ながら、「ジャック・ぺラン」と一緒に、数々の涙を流しました。

映画は記録です。

ずっと残り続ける、美しい記録です。

私はこれからも、「ジャック・ぺラン」と一緒に涙を流すでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

思い出や記録としての映画のかたちを、最近とても感じています。

時には素直で幼い少年時代の記録として

時には美しい自分と大切な人の記憶として

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

クラウドソーシング「ランサーズ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました