「パンズ・ラビリンス」トラウマシーン3選【キモクリ補給】

映画

ファンタジックなジャケットに騙されちゃった人いますよね…。

映画「パンズ・ラビリンス」

ギレルモ・デルトロ監督作品です。

先日、「ギレルモ・デルトロのピノッキオ」を鑑賞したものの、キモクリーチャーカロリーが低かったため、帰ってからAmazon Prime Videoで「パンズ・ラビリンス」を観てキモクリ補給しました笑

「パンズ・ラビリンス」は可愛い女の子と妖精の後ろにきらびやかな背景のジャケットで、一見子ども向けのファンタジーのような雰囲気を思わせます。

しかし、そう思って観ると、とてつもない衝撃を受けるでしょう…。

なぜなら、気持ち悪いクリーチャーと、グロテスクなシーンがたくさん出てくるからです…。

ダニー
ダニー

子ども向けだと思ってたのに…。

管理人
管理人

実はそうでもないんだよ。子どもの時に観て、トラウマになっちゃった人がたくさんいるくらい、強烈なんだ。

今回の記事では、「パンズ・ラビリンス」のトラウマシーンを3つ紹介するよ!!

 



巨大ガエル

一つ目の試練の際に登場する巨大なカエル

デカすぎる。

ジメジメしたところに住み、動かない。

オフェリアの顔に舌を伸ばす。

吐き出した胃袋、そしてその周りに付着する虫。

どれをとってもかなり気持ち悪いです…。

 



セルフ・リップ・ソーイング

口を切りつけられたヴィダルが、自分で針と糸を使って縫うシーンです。

超痛そう。

このシーンは、ファンタジーの世界でなく、現実世界であるのがまた、痛そうな雰囲気を増幅させます。

「ざまあみろ」なシーンなのですが、こればかりは「痛そう」が勝ちます

 



恐怖のペイルマン

最後に紹介するのは「ペイルマン」です。

このキャラクターにトラウマを受けつけられた人、多いのではないでしょうか。

まずフォルムが怖すぎますね。

老人を思わせるたるんだ身体。

目の無い顔。

かと思ったら、眼球を手に植え付けて…、まつ毛のように手のひらをパッと開くシーンはゾッとします。

また、こいつは人間を喰うんですよ。

しかも、人間の欲求に反応して喰うのです。

代わりに妖精の頭を食いちぎったりもするのです…!

生理的にも、精神的にもこんなにストレスをかけてくるクリーチャー。

何てものを生み出してくれるんだ、デルトロ先生

 



反戦の想い

「パンズ・ラビリンス」は、ダークファンタジーのストーリーの中に、戦争反対のメッセージが強く表されています。

「ピノッキオ」もそうでした。

戦争の恐ろしさはこんなもんじゃないんだぞ。というギレルモ・デルトロ監督からのメッセージを感じつつ、最後まで鑑賞したいですね。

 

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

ダニー
ダニー

僕はもう、カエルを触りたくないし、ブドウも食べられないかもしれないよ…。

でも、戦争が悲しいことだっていうのは、すごくよくわかったよ。

管理人
管理人

「パンズ・ラビリンス」のトラウマシーンを3つ紹介しました。
この他にも、怖いシーンは結構ございますので、気を引き締めてご鑑賞ください!

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました