恐怖の入植

映画

「冷たい熱帯魚」を観た感想と見どころと学びを書きます。1分で読めます。

 



今作、園子温作品です。

つまり、きついし、えぐいです。(エロくも、ある)

でんでんさんが主要人物として出演しています。

やばい熱帯魚屋さんとして。

このおじさんです。

よく見ますよね。朝ドラも出ているほど、メジャーなバイプレーヤーです。

優しい上司役が多い印象です。ドラマや映画で、主人公を陰ながら支える、優しきオジサマ役。

しかし、「冷たい熱帯魚」では、かなりメインキャラクターとして登場します。

しかも、超バイオレンスな役として。

例えるなら、

「哭声/コクソン」の國村隼

「黒い家」の大竹しのぶ

「羊たちの沈黙」のアンソニーホプキンス

などなど。

でんでんさんの優しい演技が好きな人は絶対見ない方がいいです。

怖くなってしまいます。それでけ演技がお上手ということですが。


最後までお読みいただきありがとうございます!

演技が上手すぎるが故に、恐怖の対象になりうるなんて、すごいことです。

しかし、Shiningのジャックニコルソンは見事な演技ながら、他の映画であの怖い演技がフラッシュバックしませんね。もう一つ上のレベルにいるのでしょうか。

そして、トップ画像の文字について解説です。

今作では、でんでんのバイオレンスさに魅了され、自身も犯罪に加担してしまう様を描いています。あそこまでの出来事はなかなか起こりうることはないでしょうが、インターネットで「アカウント移譲」「簡単に稼げる」など甘い言葉と誘惑、犯罪に繋がることは5クリック以内でできちゃいます。

みんなで気をつけましょう!

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました