「ゴッドファーザー3」で見逃せない10のシーン

映画

観るべきは、マイケル・コルレオーネの最後。だけではない…。

年末年始にゴッドファーザーを総ざらいしました。

今回は最終章となる、映画「ゴッドファーザー3」です。

2020年に30周年を迎え、再編集版が公開された「ゴッドファーザー3」。

今作は、かなり賛否の分かれる作品です。(その本当の理由は後ほど)

私はDVDを長年所有していながら、初めて観たのは2023年の年初めでした。

結論から申し上げますと、私は心底観てよかったと思うし面白かったです。

マイケル・コルレオーネが、どのような人生のクライマックスを迎えるのか、ドキドキしながら存分に味わえました。

長年の”ゴッドファーザー観なくちゃ”という思いから解放された心地よさもあります。

でも、また観たい。まだまだ観たい。そんな後味を残す、素晴らしいシリーズです。

管理人
管理人

今回の記事は、少しファニーな雰囲気で。

シリーズの最終章「ゴッドファーザー3」で、私がどうしても観ていただきたい10のシーンをお伝えさせていただきます!

ダニー
ダニー

最後は楽しく!素晴らしいね!!

まずは何だろう???

アンディ・ガルシアの胸毛

まずは、今作の主要人物、ヴィンセントを演じるアンディ・ガルシアの胸毛です。

ダニー
ダニー

む、胸毛?!笑

序盤で観られる彼の胸毛。もう熊みたいです。

想像の3倍すごいと思います。

若きアンディ・ガルシアの甘いマスクからは想像し難い毛量でございます。

 



最強ヒットマン、アル・ネリ

実はシリーズの全てに登場するアル・ネリ

マイケルの右腕として、「ゴッドファーザー3」では非常に目立ったポジションにいます。

実は、1でも2でもヒットマンとして登場しているのですが、いかんせん目立ちにくいです。

しかし、3での活躍はもの凄い。

コルレオーネファミリー最強のヒットマンといっても過言ではない、彼の活躍をぜひご覧ください。

チャーミングなトマシーノ

2では、ビトのパートで脚を撃たれてしまうトマシーノ。

愛嬌があって、大好きなキャラクターだっただけに、ショックでした。

デニーロの”トマシーノォォ!”というセリフは情感たっぷりで、とても印象に残ります。

そんなトマシーノが、3でも登場します。車椅子に乗って。

しかも、マイケルを指南する、超重要人物として。

相変わらず親切でチャーミングなトマシーノで、とても嬉しい。

激しすぎる乱射シーン

1の解説で、ソニーの銃殺シーンは寅さん1本分だとお伝えさせていただきました。

3では、さらに凄いシーンがございます。

ヘリコプターからの乱射シーンです。

めちゃくちゃに乱射します。おっそろしいシーンです。

アル・パチーノが出演する「スカーフェイス」を彷彿とさせる激しさです。

 



実際の事件を基に

「ゴッドファーザー3」は実際に起きた2つの事件を基ネタにしています。

1978年の、教皇ヨハネ・パウロ1世を暗殺したとされる事件と、

1982年の、アンブロシアーノ銀行の頭取であった通称「教皇の銀行家」ロベルト・カルヴィ氏の暗殺事件です。

これらの事件は、バチカンとイタリア政財界を巻きこみ、世界を揺るがす大スキャンダルとなりました。

ほぼそのままです。ヨハネ・パウロ1世なんて、名前まで一緒ですからね。

このあたりがキリスト教である欧米諸国で問題視されたから、いまいち評価を受けていないという説も。

ソフィア・コッポラ

ソフィア・コッポラは、コッポラ監督の実子です。

「ゴッドファーザー3」ではマイケルの娘、メアリー・コルレオーネとして重要な役どころを演じます。

従兄弟をも惚れさせる美貌を披露しています。

ちなみに、「ゴッドファーザー」で洗礼を受ける赤ん坊として出演し、「ゴッドファーザー2」ではエキストラとして出演するなど、シリーズ最終章でようやく主要キャストに。

でもラジー賞を貰っちゃいました。

そんなに悪いとは思わないんですけどね…。

 



双子

ヴィンセントの忠実な部下として登場する、双子の用心棒、アーマンド&フランシスコ。

彼らはロゲリオ・ミランダ&カルロス・ミランダという、本物の双子です。かなりルックスがいい。

ビリヤードシーンを筆頭に、絵になる双子です。

ちなみにAmazon Prime Videoのアイキャッチは、兄カルロス(多分)。

 

コニーが殺しを

タリア・シャイア演じるマイケルの妹コニー。

彼女は1・2と、泣きわめくばかりのキャラクターでしたが、今回は結構激しい役どころです。

とうとう自ら殺しに関わります。

しかも名付け親を。

マイケルの衰弱を不安視しつつ、心配している様が伺えます。

 

カヴァレリア・ルスティカーナ

終盤のオペラの演目は”カヴァレリア・ルスティカーナ”です。

これは、シチリア島を舞台にした物語となります。

かつての恋人と浮気をする男が、旦那に殺されるお話。

耳を齧るシーンが、ヴィンセントがザザにしたのと被ったり、マイケルのシチリアでのラブストーリーと重ねたりと、なかなか意味深な演目となっております。

 



ラストシーン

「ゴッドファーザー3」の終盤は、本当に見事です。

オペラと共に、同時進行で行われる暗殺を描くシーンから、ラストのマイケルの咆哮への流れは、息を吞みます。

アル・パチーノの演技力の高さに鳥肌が立ちました。

多分、顎外してるんじゃないですかね?

もう、滑稽なほどに大口を開けて咆哮するのですが、このシーンは衝撃的です。全然笑えません。観ていて胸が痛むほど。

私にとって、忘れられないシーンとなりました。

 



今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

ダニー
ダニー

「ゴッドファーザー3」で観ていただきたい10のシーンをご紹介しました!

管理人
管理人

少しでも、「ゴッドファーザー」を好きになるきっかけになれば幸いです。

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123



コメント

タイトルとURLをコピーしました