【ザ・スイッチ】垂涎のオマージュ

映画

ゾンプラで「ザ・スイッチ」という映画を観ました。

 



ホラー映画ファンには見逃せない、どうしても伝えたい見どころを解説します!

コメディとして秀でた見どころと、ホラーとして素晴らしい見どころも解説します。

はじめに

『ザ・スイッチ』(原題:Freaky)は、2020年のアメリカ合衆国のスラッシャー・コメディ映画。監督はクリストファー・B・ランドン、主演はヴィンス・ヴォーンとキャスリン・ニュートン。Wikipediaより引用

「ハッピー・デス・デイ」という映画を撮った監督です。コミカルなホラーで今一番勢いのある人です。

ヴィンス・ヴォーンは過去に出た「ドッジボール」が秀逸で、コミカルな演技に定評があります。

キャスリン・ニュートンは「名探偵ピカチュウ」にも出演していました。
入れ替わってからの演技が素晴らしい。

それでは、見どころいきます!

ホラーファン垂涎。シャイニングオマージュ。

終盤で、主人公と入れ替わった殺人鬼が、彼の友人とその母親を追うシーンにご注目。

画像2

来ます。こちらのオマージュが。

テンション上がりますよ~。

そもそもあの有名なドアのシーンのオマージュでもありそうです。このシーンにぎゅっと詰まってるのでシャイニングファンはぜひご鑑賞ください。

シャイニング変態の私が言うので、間違いないかと思います笑

詳しくはカテゴリーの「シャイニング」をご覧ください。下記リンクからもアクセスできます。

シャイニング

ホラー映画「シャイニング」オタクによる考察や見どころ紹介です。

笑える見どころ

何といってもヴィンス・ヴォーンの動きでしょうね。

中でも「女の子走り」

190㎝を超える殺人鬼おじさんの女の子走りはなかなか迫力あり、何度も笑いました笑

これでもかってくらい出てきます。

アメリカ文化の学び

私の苦手とするこちらのカルチャー出てきましたね。

嫌悪するとかではなく、ようわからん笑

この映画を観れば、多少はどんな男子・女子がいけてるやつなのか少しわかるかもしれません。

ホラーとしての見どころ

今作、コメディですが、スラッシャーな要素は強いです。

いっぱい人が〇されます。

先生が〇されるシーンはめちゃくちゃで面白いです。いやな先生なのでやや爽快に感じさせられるのもうまい演出。

爽やかにスラッシャーを観たいときはおすすめの1本かもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございます!

こちらの映画Amazon Prime Videoで観ることができます。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました