「ファーザー」認知症患者の目線をA・ホプキンスの名演で味わう

映画

映画ファーザーを鑑賞しました。

アンソニー・ホプキンスがアカデミー賞主演男優賞を受賞した作品です。

羊たちの沈黙以来の受賞となります。

認知症の男性を、見事に演じた、凄まじい演技。

今作は、認知症患者の目線を、リアルに体感することができます。

正直、ゾッとしました。

管理人
管理人

今回の記事では、映画「ファーザー」の見どころと、作品を味わうためのポイントを解説します!

STORY

ロンドンで独り暮らしを送る81歳のアンソニーは認知症により記憶が薄れ始めていたが、娘のアンが手配した介護人を拒否してしまう。そんな折、アンソニーはアンから、新しい恋人とパリで暮らすと告げられる。しかしアンソニーの自宅には、アンと結婚して10年以上になるという見知らぬ男が現れ、ここは自分とアンの家だと主張。そしてアンソニーにはもう1人の娘ルーシーがいたはずだが、その姿はない。現実と幻想の境界が曖昧になっていく中、アンソニーはある真実にたどり着く。

映画.comより引用

錯綜する記憶

正直、今作のストーリー全てを所見で正しく掴むのは困難でしょう。

でも、それでいいし、そういう映画なのです。

今作では、物語の多くがアンソニー(アンソニー・ホプキンス)の目線で進みます。

認知症患者同様に、記憶や幻想、妄想が入り交じっており、その時系列もバラバラなのです。

その為、誰が誰で、何が真実で、いつの記憶なのか、わかりません。

頭の中を、大きなタンスだと置き換えて、

何が入っているか、いつ何を入れたのか、入っているものの名前は何か、それら全てが曖昧なのです。

認知症の理解に繋がる

認知症の根本的な治療法は、まだ見つかっていません。

ですが、その理解度や医学的に有効なアプローチは高まっています

だからこそ、今作のような作品を撮ることが出来たのでしょう。

今作は、一見すると、ある種ホラーのような恐ろしさを感じます。

目の前で話すこの人物は誰なのか、自分が今居る場所はどこなのか、一体誰が味方なのか…。

そんな恐怖を、認知症の方々は日々感じていることを知ると、とても心配だし、優しく、広い心で接しなければいけないと思えます。

アンソニー・ホプキンスの演技

やはりアンソニー・ホプキンスは偉大な俳優です。

彼は、「羊たちの沈黙」のハンニバル・レクターのような、余裕のある紳士的な役どころが多い印象です。

しかし、今回は、認知症の男性です。

誰かの支えがなければ、生活が難しい。

記憶も曖昧で、心理的に不安な表情も常々。

そんな演技を見事に演じています。

特に、子ども返りの演技は強烈。ドキドキするほどリアルです。

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

映画「ファーザー」について解説しました!認知症に対する理解を広げられつつ、アンソニー・ホプキンスの名演を味わえる素晴らしい作品です。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました