【ブラックジャック】手塚治虫に学ぶ昔のロシア

漫画・アニメ

手塚治虫の名作「ブラックジャック」に登場した「ソ連」に関連するお話について紹介します。

 

はじめに

ブラックジャックは手塚治虫による医療漫画です。


ブラック・ジャックは、天才的な外科医で、死の危機にさらされた重症の患者を、いつも奇跡的に助けます。しかしその代価として、いつも莫大な代金を請求するのです。そのため、医学界では、その存在すらも否定されています。人里離れた荒野の診療所に、自ら命を助けた助手のピノコとともに、ひっそりと暮らすブラック・ジャック。彼の元には、今日も、あらゆる医者から見放された患者たちが、最後の望みを託してやってくるのです。
https://tezukaosamu.net/jp/manga/438.html

とてもファンの多いこちらの作品には、数々の国の人々との交流も描かれています。

その中で、今回は当時のソ連と関係のあるお話を二つご紹介します。

未来への贈り物

画像1

少女はエリテマ・トーデス、少年は筋萎縮性側策硬化症。ふたりとも不治の病だった。ふたりは結婚。若きインターン時代のB・Jはいつか結婚のお祝いを贈ると約束した。それから10年。ソ連で人工冬眠装置が実用化され、B・Jは二人を紹介する。未来には治療法が見つかるかもしれない。その未来こそがB・Jからの贈り物だった。https://www.akitashoten.co.jp/special/blackjack40/111

重い病気を抱える若いカップルを救うお話。日本での治療は困難であり、もう死を待つしかないのか…と絶望する2人。

当時のソ連は医療が進んでいました。

日本より進んだソ連のあるテクノロジー及び医療技術をカップルへプレゼントするラストがたまらなく「ハラショー…!」なお話です。

音楽のある風景

画像2

徹底した思想管理の政策がされているD国では外国製の音楽を禁じられていた。しかし世界一の外科手術の腕を持つその博士は、音楽に包まれて暮らしたかった。だから手術室の中で音楽を聴くようになり、以来、音楽を流しながらオペをするのが常となった。その博士の公開手術を見学したB・Jは、博士から「今度は君の腕前を見せてくれ」と頼まれた。https://www.akitashoten.co.jp/special/blackjack40/148

手術室でしか、好きな音楽も聞けやしない。

そんな切なさを感じるお話です。

ある共産主義のD国とされているため、ソ連かどうか確証はありませんが、近しい国をイメージして描かれたのではないかと思います。

このあたりは、現在のいくつかの国とも似ていると感じるのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます!

「ブラックジャック」は本当に学びが多いです。興味や視座を広げるのにはうってつけです。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました