大阪@DEEP「サウナ&カプセルホテル アムザ」サウナーの聖地

サウナ・銭湯

大阪のDEEPなスポットを紹介するシリーズです。

今回紹介するのは、サウナーなら一度は訪れておきたい大阪の名サウナサウナ&カプセルホテル アムザです。

難波の街を頼もしく支えるサウナであります。

ニュージャパンなき後、もう難波で一日サウナを満喫するならここっきゃないって感じです。

管理人
管理人

サウナ・スパ健康アドバイザーの私が、自身を持ってオススメします。

※画像はHPのものを拝借しております。転載NGの場合はお知らせください。

 



料金・アクセス

難波高島屋から、千日前商店街を道頓堀方面へ抜けていくとすぐにつきます。5分程度です。

営業時間は、昼12:00~翌朝4:00まで。

料金は、1時間コース1300円、レギュラーコース(15時間)2300円です。

この料金の中に、タオル(使い放題)、各アメニティが含まれますので、かなりコスパ高いです。

手ぶらで行けるので、難波で遊ぶ前にさくっと1時間という使い方もオススメです。(私は、より美味いビールを飲むために、たまにやります)

今なら、タナカタツキさんのイラストがドーンとお出迎えしてくれます。

それでは、施設の詳細に参りましょう!!

 



サウナ

サウナは2種類です。

大型のIKIサウナと、フィンランドサウナがございます。

非常にバランスの取れた2室です。どちらも看板級。

IKIサウナ

IKIサウナは超大型です。30名以上収容できるのではないでしょうか。

本当に広いです。

テレビ付き、オートロウリュ付きです。温度設定は90℃程度。

数年前までは、フィンランドサウナの方でロウリュやアウフグースが行われていましたが、今ではこちらで行われます。

かつては、どちらかというとフィンランドサウナの方がメインで、こちらは温度低めのサブサウナ室といった印象でしたが、いまは見事に二分しています。

サウナブームを考慮した、見事なシフトチェンジといえるでしょう。

フィンランドサウナ

フィンランドサウナは温度85℃程度。収容人数15名程度です。

セルフロウリュがあるので、体感温度はこちらの方が高く感じます。

こちらはテレビ無し。暗くて静かな雰囲気で、チルな味わい。

難波で一番フィンランドな空間でしょう。

 



水風呂

水風呂は三種類

メインの水風呂17℃と、寒冷壺風呂14℃に加えて、なんと大きなプールがございます。

水風呂が苦手な人から、キンキンの方がいい人まで、様々な人に合う、極上のラインナップでございます。

また、アムザ名物ペンギンルームもあります。

身体を急冷して、すぐに整えることができますよ!

 



外気浴スペース

外気浴や、サウナ休憩の場所もふんだんにございます。

露天風呂横で、難波の街を見下ろしながら休めるスペースと、浴室内に設置されたリクライニングチェアーなど、かなりの数です。

常時10名以上が休憩できる仕様になっており、休憩難民になることはほとんどありません。

 

お風呂

もちろんお風呂も素晴らしい。

露天風呂に加え、温泉、ジャグジー、日替わり湯など、間違いなしのラインナップです。

私は、入り口最寄りにあるこちらの”萬の湯”が好きです。

細かな気泡が肌あたり心地よく、温度はぬるめでゆったり浸かれます。

 



休憩スペース

休憩スペースは漫画の蔵書量がもの凄い。

漫画喫茶並みです。

リクライニングも相当な数がありますので、こちらも難民になることは少ないです。

たまにもの凄いいびきの人がいます笑

蔵書量が多すぎるので、寝不足でいってもいつも漫画読んじゃいます笑

今日の大阪学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

サウナ好きなら一度は行きたい聖地アムザをご紹介しました!!

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました