「赤い影」濃厚な5分間とフラッシュに隠された意味

映画

映画赤い影を鑑賞しました。

ホラー映画好き界隈では、かなり有名なのですが、あまり深く語られることのない作品。

その理由がようやく分かりました…。

語れないというよりも、語りにくい作品なのです。

管理人
管理人

今回の記事では、映画「赤い影」があまり深く語りにくい理由と、見どころや考察をお伝えします。
ストーリーの根幹に迫るネタバレを含みますので、未鑑賞の方はくれぐれもご注意ください!!

STORY

娘を水難事故で亡くしたイギリス人夫婦ジョンとローラ。教会を修復するジョンの仕事のためベネチアへやって来た彼らは、そこで年老いた姉妹と出会う。霊感のある盲目の妹ヘザーは、夫妻の亡き娘クリスティンの姿が見えるという。さらにヘザーは、クリスティンが夫妻にベネチアを去るよう警告していると話すが……。

https://eiga.com/movie/41903/

あらすじだけみると、悲しい幽霊系ホラーのように思えますが、ノンノンノンでございます…。

それでは解説の方に行ってみましょう!

冒頭5分がとにかく恐い

「赤い影」の冒頭は、いきなり娘の水難から始まります。

夫婦の何気ない会話と、庭先で無邪気に遊ぶ子どもたちのシーンの間に、

写真のシーンや、謎の鉄格子などの、奇妙なカットが入り、

娘を抱きかかえる際の静けさ、そして妻のスクリームからのドリル音…。

これらが文字通り流れるように5分間続きます。

あまりにも分かりやすく、恐ろしいシーン。

ほとんどセリフはありませんが映像だけで見事に魅せます。

濃厚過ぎるベッドシーンの理由

「赤い影」は、夫婦のベッドシーンが有名です。

5分間という長さと、本当に愛し合っているのではないかというリアリティ。

原作小説には、このようなシーンはありません。

しかし、ニコラス・ローグ監督はどうしてもこのベッドシーンをいれたかった。

実は、超重要なんです。

このシーンの意味するところとは…

長年連れ添った夫婦は、もうお互いの裸を見ても何とも思わない。
しかし、深く愛し合っている。
しかし、娘の死以来身体を重ねることはなかった。
そして、そんな二人がようやく営んだのですが、その直後に崩壊していく…。

といったこの映画の恐ろしさと、真の意味を伝えるために、絶対に必要だったそうです。

真の意味については、後ほどお伝えいたします。

 



ドナルド・サザーランド

主演のドナルド・サザーランドは、かつて一世を風靡したドラマ「24」のジャック・バウアー、キーファ・サザンロードのお父さんです。

「M★A★S★H マッシュ」や「バックドラフト」、「スペース カウボーイ」、「アド・アストラ」など、数多くの名作に出演しています。

美しいホラー

「赤い影」はベニスを舞台にしたお話です。

そのため、ベニスの町や川がとても美しい風景として映し出されます。

美しい風景に見とれつつ、赤い少女がいつどこに現れるのかと、画面に釘付けにされます。

加えて、音楽も荘厳なものや繊細なものまで使用され、とても聴きごたえがあります。

こういう美しいホラーは、私の大好物です。

シャイニング」や「サスペリア」のような雰囲気がムンムンでございます。

ノーラン監督にも影響を与えた

「赤い影」はクリストファー・ノーラン監督の「インセプション」にも大きな影響を与えています。

死んだはずの娘が時折町中に現れる様子は、

「インセプション」で、ディカプリオの子どもたちが顔を見せずに走り去るシーンによく似ています。

あの見切れっぷりは、きっと「赤い影」を意識したものであるはずです。

また、ノーラン監督も、妻との関係を作品の中で強く描きます。

作風スタイルもニコラス・ローグ監督とノーラン監督はよく似ています。

 



ネタバレ解説

※ここから先は作品の根幹に関わる重要なネタバレを含みますのでご注意ください。

ここからは、「赤い影」が語りにくい理由でもある、物語の根幹に関わるポイントを含めて解説します。

それではネタバレあり解説に参ります!!

夫は未来が視える

「赤い影」では冒頭から頻繁によくわからないシーンがフラッシュのように挿入されます。

あれらのシーンは、夫が未来をフラッシュして視ているシーンなのです。

冒頭の丸い鉄格子は、ベニスのホテルの風景を視ていたり、

来たことないはずの路地に既視感を抱いたり、

妻と老婦人姉妹が船に乗るシーンは、自分の葬儀を予知していたり。

姉妹の霊能者の方が「あなたの旦那さんには能力がある」と妻に告げるシーンは真実だったというわけです。

自身に起こる出来事が視えていたにも関わらず、リアリストである夫は、これらを信じなかったために不幸なラストを遂げてしまったのですね。
(あるいは、死んだ娘が教えてくれていたのかもしれません)

本当のメッセージは夫婦の違い

ニコラス・ローグ監督は、この映画をホラーやESPものというよりも、男女や夫婦の違いを描いたものであるとコメントしています。

ラストの葬儀のシーンで、妻はニコリと笑います

これは、死んだ夫が、愛する娘と同じ場所へ行って、再び会うことができた。

夫は自分の中で生き続け、真の意味で自分のものになったということを示唆しています。

女性は輪廻や涅槃のような境地でもって、男女関係や生命を考えることができるのではないかという。

男と女の考えや愛の捉え方の違いをありありと見せつける訳です。

ニコラス・ローグ監督は、「赤い影」以降、こういった夫婦や男女の愛や違いをテーマにした作品を作り続けていきます。

一見するとホラーですが、根幹には、男女の愛のかたちをテーマがなっているのです!

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

「赤い影」とにかく素晴らしい作品です。あの時代にここまで仕掛けたっぷりの映画を作ったニコラス・ローグ監督が一番恐ろしい。

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました