事実は映画より恐ろしきなり

映画

 



映画「ROOM」を鑑賞しました。

実話をもとにした作品。注目すべきポイントを解説します。

はじめに

施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。ある日ジョイは、オールド・ニックとの言い争いをきっかけに、この密室しか知らないジャックに外の世界を教えるため、そして自身の奪われた人生を取り戻すため、部屋からの脱出を決心する。yahoo映画より引用

結構重い映画です。見どころはこちら↓

ジェイコブ少年

画像1

ジェイコブ・トレンブレイ今最も注目すべき俳優の一人ではないかと思います。

今作では息子役を演じています。

「ワンダー」「グッドボーイズ」「ドクタースリープ」など、メッセージ性強めのものからコメディ、ホラーまで幅広くこなしています。

普通、コメディならコメディと、極端になりそうな印象ですが、彼は見事にバランスよく演じています。

今作も本当に素晴らしい。感情を爆発させる演技にドキッとします。

ロン毛も素敵です。

グランパの気持ち

画像2

ファーゴでディーラーを演じた「ウィリアム・H・メイシー」がジャックの祖父役で出演しています。

誘拐犯を誰よりも憎んでいるであろう彼の、孫への想いに注目しながらご覧ください。より複雑な心境で味わえます…。

肝となるのは事件のその後

この映画は、脱出してからのほうが、ストーリーとして長いです。

エスケープものといえば、普通は救われてハッピーエンドというパターンが多いですが、今作は違います。

悲惨な事件の被害者が、その後どういった日々をどんな気持ちで過ごすのか。ここに重きを置いています。

ちょっとニュースの見方が変わるかも。珍しくて勉強になる映画です。

ここから先はブログにて!恐ろしい事実を受け止める勇気のある方はご覧ください。

基となった事件はよりキツイ

画像3

フリッツル事件」をご存知でしょうか。

2008年4月に42歳の女性エリーザベト・フリッツル(1966年4月6日生)がオーストリアのアムシュテッテンの警察に対し、彼女が24年間に渡って自宅の地下室に閉じ込められ、父のヨーゼフ・フリッツル(1935年4月9日生)から肉体的暴力、性的暴力を受け、何度も強姦されたと訴えたことから発覚した事件である。父親からの性的虐待によって、彼女は7人の子供を産み、1度流産した。日本では、「オーストリアの実娘監禁事件」また「恐怖の家事件」等として報じられた。Wikipediaより引用

「ROOM」は、フリッツル事件を基に書かれたエマ・ドナヒューの小説『部屋(英語版)』を原作としています。

何とも恐ろしい。映画よりも残虐な世界。目をそむけたくなりますね…。

最後のセリフは

ラストシーンは母ジョイの口パク、字幕なしで終わります。

こちらおそらく「Good-bye room」と言っているのではないでしょうか。

息子のリクエストを受け、事件現場に戻り、この口パクシーン。

事件から目を背けず、あったことを受け止めつつ、前に進む決意を表す。

そんなシーンだったように思いました。

最後までお読みいただきありがとうございます!

キツイですが、いい作品です。犬のシーンもよいです。

こちらの映画はAmazon Prime Videoで観ることができます↓

 

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました