【マイ・インターン】一緒に働く人は、いい人がいい。

映画

 



映画「マイ・インターン」を鑑賞しました。

また一つ、ロバートデニーロへの愛を深めてしまった。

クリティカルに見どころを解説します!

はじめに

舞台はニューヨーク。華やかなファッション業界に身を置き、プライベートも充実しているジュールス。そんな彼女の部下に会社の福祉事業として、シニア・インターンのベンが雇われる。最初は40歳も年上のベンに何かとイラつくジュールスだが、やがて彼の心のこもった仕事ぶりと的確な助言を頼りにするようになる。そんな時、ジュールスは仕事とプライベートの両方で思わぬ危機を迎え、大きな選択を迫られる──。https://www.youtube.com/watch?v=eMs-qYM_AeM

プラダを着た悪魔」のアンハサウェイ主演で、同じくファッション業界。しかもあれから9年。共に育った働く女性へ向けた宣伝が多めの今作。

しかし、私はデニーロが心に刺さりました。

クラシックなアイテム

デニーロ演じるベンはクラシックなアイテムをたくさん持っています。

中でも、

CASIOの電卓 サムスンのガラケー が特に印象的でした。

海外でも、信頼の電卓といえばCASIOなのですね。

簿記勉強中の私もCASIOを愛用しています。 簿記初心者あるある早く言いたい 簿記を学習して1か月。感じたあるあるを言います。 www.three-minutes-philosophy.com

デニーロさぁ…

画像1

今作のデニーロは、可愛すぎます。

やはりデニーロといえば、マフィア系の印象。強くハードな男性のイメージが大きいのではないでしょうか。

しかし、今回はただただ可愛い。

太極拳のシーンや、マッサージを受けるシーンは最高ですよ。

年齢でも才能でも学歴でもなく…

画像2

こちらはブログで!この映画の本質であり、海外の企業の最近のトレンドともつながっています。ビジネスパーソンは要チェック。

ベンみたいないい人と働きたい」というのが、この映画一番の感想でした。

いい人」とは「頭がいい人」でもなく「仕事のスキルが高い人」でもありません。

性格や人柄がいい人」です。

ネットフリックスや、奇跡の会社と言われるSEMCO社では、学歴やスキルよりも、「この人と働きたいな」と思える人や、会社のビジョンに合いそうな人を採用するそうです。

この映画を観れば納得。

いい人の周りには、人が自然と集まり、仕事もうまく流れる。それがなんとなくわかります。

毎日会う、職場の人や、家族を大事にすることの大切さに気づけます。あと、ハンカチ持とうと思いました笑

最後までお読みいただきありがとうございます!

私もデニーロと一緒に働きたいなあ。もちろんアンハサウェイのような美しい上司とも…。

こちらの映画はAmazon Prime Videoで観ることができます♬

  

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

お仕事のご依頼はこちらから↓

  クラウドソーシング「ランサーズ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました