「マッドマックス 怒りのデスロード」見どころ6選!

映画

マッドマックス 怒りのデスロード」を鑑賞しました。

カルト的な人気を誇り、今なお「爆音上映」を中心に、映画館でもかけられる本作。

管理人
管理人

今回の記事では、「マッドマックス 怒りのデスロード」の人気の秘密と、より鑑賞を楽しめるポイントを解説します。

イモータン・ジョー

イモータン・ジョーを務める(ヒュー・キース・バーン)は一作目でも敵役を務めた俳優です。

初期作「マッドマックス」は1979年、「怒りのデスロード」は2015年の公開となりますので、

実に35年以上の月日を経て再登場

撮影時で何と、65歳!!

ファンサービスの精神がたまりませんね。

めっちゃ早送りしてる

「怒りのデスロード」は、あらゆる場面で早送りをしたり、コマを取ったりしています。

それだけ使いたいシーンや、取れ高があったということでしょうね。

早送りやこま取りをしたことで、とてもテンポよく流れています。

しかし、よく観ると、チャカチャカした動きだったり、トム・ハーディのまばたきがやたら早かったりするので、ご注目ください。

通常の映画よりも、情報やシーンがたくさん詰まっている。これもまた、「怒りのデスロード」が名作と言われる由縁ですね!

ウォーボーイズ

白塗りの若い男性の集団「ウォーボーイズ」。

彼らは、イモータン・ジョーの私設軍隊で、また、常人の半分程度しか生きられないという設定です。

そのため非常に好戦的。白いメイクと、ギザギザの口元は、骸骨人間イメージしているのだとか。

彼らには、階級があることをご存じでしょうか。

白塗り→
白塗り+頭部に黒塗→
ノーメイク
の順に階級が高いという設定があるそうです。

5人の妻は大物俳優

イモータン・ジョーの5人の妻たちは、みんな結構すごい経歴を持っています。

ジェイソン・ステイサムのワイフ
プレスリーの孫
レニー・クラヴィッツの娘

などなど…。

実は意外と、とっても豪華キャストなんですよね。

「怒りのデスロード」の後の活躍も目覚ましいものがあります。

次回作の主演はアニャ

シャーリーズ・セロン演じる、フュリオサ大隊長の若い頃に焦点を当てたスピンオフ作品『FURIOSA(原題)』が公開されます。

主演は「ラスト・ナイト・イン・ソーホー」「ウィッチ」などで注目を集める、アニャ・テイラー・ジョイです。

似てなさすぎるけどなぁ笑

でも楽しみです!フュリオサは、とてもカッコいいですもんね!!

スタント同士が結婚

マッドマックス怒りのデスロードは長期間、アフリカの砂漠で、派手なスタントを用いた撮影が行われました。

その結果、シャーリーズ・セロンのスタントとウォーボーイのスタントが結婚したそうです。

スタッフもキャストも、その撮影の過酷さにブーイングの嵐だったそうですが、恋の嵐も吹いていたのですね。

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

「マッドマックス 怒りのデスロード」の人気の理由と、物語をより楽しむための鑑賞ポイントを解説しました!
何度観ても、クレイジーですが、気楽に観られる名作ですね。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました