やれやれだわ

漫画・アニメ

はじめに

アニメ化に合わせて、第6部「ストーンオーシャン」の魅力を5つ紹介します。1分で読めます。

わたしは今作に、本誌掲載時に出会いました。

「なんだか怖い絵だなあ」とジョジョシリーズの凄さも知らず、しっかり読んでいませんでした。ナルトに夢中でした…。

大人になって読み返すと魅力いっぱいでした!

① キャラクターがおしゃれ

ジョジョシリーズはスタンド名や人物名に海外バンドを使用することが多いです。今作は何と、海外バンドに加えて、アナスイ、エルメス、グェス、ラングラーなど、アパレルをもじったものが多いです。そのため、キャラもどこかオシャレな雰囲気です。

スタンドの能力も洒落たもの、一見「どこが強いんだよ!」みたいなのが多くて素晴らしい。

② 主人公が強い

主人公「空条徐倫」 格闘においてもかなり強いです。が、ハートが超強い。へこたれにくい。

「やれやれだわ」でだいたい乗り切る。1話が一番へこんでたかも笑 シリーズの主人公では、一番好きです。

③ 泣けるジョジョ

シリーズの中で最もドラマチックです。泣けるシーン多めです。

3部もいい感じですが、私は今作のFF絡みの話はかなり泣けちゃいます。

④ 承太郎も出てくる

徐倫は名字からわかるように、3部の主人公「空条承太郎」の娘です。

承太郎ファンには嬉しいですね。相変わらず波紋の呼吸で若々しいです。ジョセフみたいにじじいになってません笑

⑤ 圧倒的にサスペンス

今作は「女子刑務所」が舞台です。

それだけでゴクリとしちゃいますが、ヒヤッとするストーリー構成になっています。結構怖いです。苦手な人は気を付けて。

映画シックスセンスやグリーンマイルのようなゾクゾク感をもって進んでいきます。

最後までお読みいただきありがとうございます!こちらもどうぞ!


 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました