「呪怨」キチンと怖くて時々笑える

映画

理不尽に感じるほどの、呪いと怨みの強烈さったらもう…。

映画「呪怨」を鑑賞しました。

清水崇監督の代表作品です。

テレビ番組などで、端々を観たことはあったものの、最初から最後まで観たのは今回は初めてでした。

ホラー好きを自称している身として、お恥ずかしい…。

少し前に、「貞子vs伽椰子」を観たので、「呪怨」もキチンと観ておきたくなった訳でございます。

割とコミカルにパロディされることが多い今作。

管理人
管理人

今回の記事では、「呪怨」の感想と、キチンと怖いシーンと、ちょっと笑えるシーンをご紹介させていただきます!

 



STORY

老人介護のボランティアである家を訪れた女子大生。そこには、人ならぬものが数々とうごめいた。やがて人々は、次々と底なしの恐怖と戦慄に引きずり込まれる…。

参考:Netflix

奥菜恵は女子大生だったのか…。

私は結構、怪異の理由を探る系のホラーが好きなので、「呪怨」は好きなタイプでした。

しっとり物語を広げていくのも、それとともに、じんわりと呪いが広がっていくのも、味わい深かったです。

管理人
管理人

それではここから、怖いシーンと笑えるシーンをご紹介します!

キチンと怖いシーン

まずは、ちゃんとホラー映画として怖いシーンから。

お年寄りの介護中に…

奥菜恵が車いすに乗った老人と共に、介護センターを歩くシーン。

老人は何かをあやすような動きを続けていますが、そこには何もいません…。

ふと、ドアが閉まった時に、ガラスに反射してある影が映るのです…。

仏壇に…

先祖に手を合わせるための、仏壇。

先祖への懐古や、感謝の想いを込もった場所であるはずです。

しかし、伽椰子の呪怨は、先祖の霊よりも強烈であると象徴する、恐ろしいシーンがあるのです…。

伽椰子の動き

伽椰子は、見た目はそこまで怖くありませんが、動きがとても怖いです。

蜘蛛か、爬虫類を思わせ、明かにこの世のものではないということを感じさせる、あの動きは素晴らしい。



笑っちゃうシーン

続いては、思わず笑ってしまうシーン。

ネコネコネコネコ!

物語の終盤に登場する、目覚めると黒ネコが大量にいるというシーン。

あまりの多さに笑えます。

20匹くらいいたのでは?

電話をポイ!

伊東美咲が、怪異に遭遇するシーン。

いくら何でも、部屋の外に受話器を投げるのは笑っちゃいました。



今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

「呪怨」の感想と、怖いシーン・笑えるシーンをそれぞれにご紹介しました。伽椰子には勝てそうにありませんね…。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました