大阪@DEEP 恵美須町・町中華「一楽」

映画

大阪にあるDEEPなスポットを紹介するシリーズです。

今回紹介するのは恵美須町にございます、町中華「一楽」

純度の高い町中華。

管理人
管理人

おすすめのメニューやお店の雰囲気をご紹介します!

店舗詳細

通天閣や、新今宮駅、恵美須町駅から徒歩5分ほどの場所に位置します。

11:00~22:00の通し営業かつ、町中華には珍しく日曜も営業しているようです。(詳細は店舗へご連絡ください)

新世界をぶらっとして、串カツではなく、あえて町中華をきめるのも、なかなか粋ではありませんか???

ビールもキリンとアサヒの大ビンが550円と非常にリーズナブルです。タバコも吸えます。

ぜひ挑戦してみてほしいです!

オススメメニュー

「一楽」のメニューはこんな感じです。

本格中華よろしくなメニュー表記がかっこいいです。

そして麺とご飯ものが非常にリーズナブル。

私が注文したのは…

炒飯450円と、ギョーザ300円、そしてキリンの大ビン550円です!

炒飯450円

炒飯は、どシンプルスタイル。人参とハムと玉ねぎ、ネギを細かく刻んでいます。

塩っ気が効いていて、酒飲みには最高でした。

あと、付属のスープがまったりとしていてとても美味しいです。

こういった、スープの美味い店は総じて他の料理もおいしいですよね。

ギョーザ300円

餃子は7個入り。小ぶりな分、個数の多さが嬉しいです。

ニンニクと、ニラの香りが鼻からぬけます。パンチありです!

ビールによく合います。

どちらも非常にオススメです。お腹いっぱいになりました。

常連さんのオススメは?

ちなみに、常連さんがよく頼んでいたのは、「えび天」と「天津飯」でした。

「えび天」は、からっと揚がってとても美味しそうだったので、次回は必ずオーダーしようと思います!

オススメポイント

その他の町中華らしいオススメのポイントをお伝えします!

昔懐かしきショーケース

入り口付近のショーケースがとても古き良き雰囲気を醸し出していました。

最近はお目目にかかることが少なくなってきた、食品サンプル。

入る前から何だかワクワクします。

珍しい調味料

各テーブルに置かれた調味料の中に、キッコーマンのソースが。

このかたちの醤油は目にすることは頻繁ですが、ソースは非常に珍しい。

思わず使ってみたくなります。餃子にかける勇気はありませんでしたが笑

今日の大阪学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

恵美須町の町中華「一楽」について紹介しました。
大阪には魅力的な町中華が多すぎて幸せです。

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123



コメント

タイトルとURLをコピーしました