【仄暗い水の底から】陰のMVPはikegami

映画

映画「仄暗い水の底から」を鑑賞しました。

超メジャーホラーですね。ジャパホラでは10指に入るヒットなのではないでしょうか。

一般的な見どころは語りつくされたかと思いますので、クリティカルに見どころを解説します♬

 



監視カメラといえばikegami

ikegami製の監視カメラモニター

劇中、管理人室にて大活躍するのが「ikegami」の監視カメラモニターです。

管理人さんよりも、弁護士さんよりも、小日向さんよりも役に立ったかもしれません…。

私はコンビニや駐車場などで働いた経験がありませんので、知らなかったのですが、監視カメラといえば「ikegami」なのでしょう。PanasonicやSONYやCanonではないのですね…。

霊をもキャッチする監視能力の高さは安心をくれそうですね。

いくちゃんはドSに成長

黒木瞳の娘役、「いくちゃん」は、菅野莉央さんが演じています。

最後は成長した姿を、水川あさみさんが演じていました。

子役として、「ジョゼと虎と魚たち」ではジョゼの子ども時代を演じていました。

そして、成長した本人菅野莉央は何と、「星降る夜のペット」という作品で、超ドSでバイオレンスな役を演じています笑

ジャパホラにしては怖いシーンが多め!

ジャパホラって、じめっとした雰囲気で溜めて溜めて、恐いシーンを出すパターンが多いです。

溜めが長いほど恐さも大きくなるというロジックなのか、どうも手数が少なくなります。

私は手数多めのホラーが好きです。

その点「仄暗い水の底から」は定番のジャパホラ風味ながら、手数が多かったような気がします。

リング」の倍くらいビクッとするシーンがあったのではないでしょうか。

割と満足感は高いですよ!

離婚ブームだったよね…

仄暗い水の底から」は2002年の作品です。

体感的に、離婚やシングル家庭をテーマにしたドラマや映画が多かったような気がします。

離婚・別居というワードはとても身近でした。

調べたところ、2002年の離婚率は2.3倍と1958年~2008年の中で最も高い年でした。

厚生労働省:平成21年度「離婚に関する統計」の概況:統計表

私の体感は間違いではなかったようです。

めっちゃ悪霊じゃないか

こちらはブログで解説します!見直してみると、かなり印象が変わりました。

感動的な作品だと思ってたけど、今作の霊は、なかなか強い悪霊です。

リング」にしろ、「来る」にしろ、「着信アリ」にしろ、霊となった理由を紐解き、最終的には解決へ向かう流れが多いです。

しかし、今作は死亡の理由がわかっても成仏することはありませんでした…。

水を自在に操る、水さえあれば何でもできる、という点もかなり強いです。

最後までお読みいただきありがとうございます!

ジャパホラも侮れませんね…。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました