「ぼぎわんが、来る」原作から映画を考察

映画

前回の記事で映画「来る」について解説しました。

こちらの映画は、原作小説がございます。「ぼぎわんが、来る」です。

私はホラー映画が好きです。シャイニングやエクソシスト、悪魔のいけにえを敬愛していますし、劇場鑑賞でもホラーを選ぶことが多いです。

日本のホラーは海外に比べるといまいちです。俳優の悪目立ち、品の無いジャンプスケアなど、がっかりすることが多いです笑

しかし「来る」に関しては、非常によくできた作品だと思っています。

数少ない、繰り返し見ている日本ホラー作品の一つです。(「残穢」もオススメ)

海外ホラーのように、細部へのこだわりや、考察のしがい、キャラクターの魅力など、非常に見どころが多く、何度観ても飽きない、隠れた名作。

原作があることを知り、より映画を知るための手立てとして、読んでみることにしました。

ものの数時間で読むことができましたので、興味のある人はぜひ。

管理人
管理人

今回の記事では、原作を読めばわかる謎や、読まなければわからない設定映画と小説の違いについて解説します。

津田のお札以降の目次はネタバレを含みますので、くれぐれもご注意ください!

原作「ぼぎわんが、来る」あらすじ

幸せな新婚生活をおくっていた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。原因不明の噛み傷を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。その後も秀樹の周囲に不審な電話やメールが届く。一連の怪異は、今は亡き祖父が恐れていた“ぼぎわん”という化け物の仕業なのか?愛する家族を守るため秀樹は伝手をたどり、比嘉真琴という女性霊媒師に出会う。真琴は田原家に通いはじめるが、迫り来る存在が極めて凶暴なものだと知る。はたして“ぼぎわん”の魔の手から、逃れることはできるのか…。

https://www.amazon.co.jp/dp/B079XX7HBC/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

原作は、第22回ホラー小説大賞を受賞しており、著者の澤村伊智さんはこれがデビュー。何とも華々しい。

出身が大阪という点に、非常に納得しました。

というのも、「ぼぎわんが、来る」は関西の怪異や伝承をモチーフにしていることが多いからです。

また、東京の地名には「西武新宿」「上井草」「石神井公園」など、西武新宿線の地名がよく出てきました。

個人的には関西にも、西武新宿線沿線にもなじみが深いので、とても親近感をもって読み進めることができました。(私は数年前まで野方周辺に住んでました)

管理人
管理人

それではここからは、映画の謎を紐解くためのポイントや、違いについて解説していきましょう!

それではここからは、映画の謎を紐解くためのポイントや、違いについて解説していきましょう!

ぼぎわんという名前がある

映画では怪異の正体を「あれ」と呼んでいました。

原作でははっきりと「ぼぎわん」という名称で表していました。

「ぼぎわん」の名前の由来を推理していくのは、原作において結構面白いポイントなのですが、なぜカットされたのでしょう。

IT」を意識したのかもしれませんね。

また、映画のタイトルならば、「来る」の方がシャープでカッコいいです。

映画のポスタービジュアル的にも「来る」の方がグッと締まります

小説なら「ぼぎわんが、来る」の方がおどろおどろしさが出ていいですが。

媒体によってタイトルを変えたほうが効果的なのは、面白いですね。

真琴と野崎は付き合ってる

映画では小松菜奈さんと岡田准一さんがそれぞれ役を務める、「真琴」と「野崎」

2人は明確に交際しているようです。

ある事件をきっかけに交流を深め、そこそこ長く交際しているそうです。

野崎も子どもを作れない体

また、映画では「真琴」のみ子どもを作れないという設定でしたが、原作では、「野崎」も無精子症で子どもを作れないという設定でした。

映画でもそうだと思うと、「野崎」が、子ども好きの「真琴」をストレスに感じる点や、ラストシーンは、また違った見え方になりますね!

津田のお札

ここから先は、映画や原作のストーリーに大きく絡むネタバレが含まれますので、くれぐれもご注意ください!

映画では、妻夫木聡さん演じる「秀樹」の友人であり大学教授である「津田」からもらったお札を仏壇に供えるシーンがありました。

これが実は逆効果で、「津田にはめられた」と野崎が言います。

このシーンが、原作を読むとよくわかりました。

魔導符

映画で津田が野崎に渡したのは「魔導符」と呼ばれるものです。

呼んで字の通り「魔」を「導く」ための呪いを施したものとなります。

お札やお守りに細工を施し、呪いや悪いものを寄せ付けるといったものです。

津田は原作においてもとても性悪でしたが、原作で「魔導符」を使った人物は、もうひとりいます。

それは、秀樹の祖母です。

田原家の罪

田原秀樹が、ぼぎわんに狙われることとなった理由は、祖父と祖母の罪が大きく絡んでいます。

秀樹の祖父の罪

なんと、秀樹の祖父は実の娘を殺しています

そのため、ぼぎわんに狙われていたのです。

なぜ子殺しの罪がぼぎわんに繋がったのか。

秀樹の祖母の罪

実の娘を殺した夫への恨みから、妻である秀樹の祖母は魔導符をつくりました。

そして、それがぼぎわんを呼んでしまったというわけです。

ぼぎわんは、呼ばないと来ませんからね…。

赤い靴の少女の正体

これらの情報をまとめると、映画に登場した、赤い靴の少女は、秀樹の祖父が殺した娘なのではないでしょうか。

つまり、秀樹の叔母にあたる人物ですね。

その他:映画と原作の違い

その他にも、割と違いがみられました。

映像化し、2時間にまとめるにあたって、ブラッシュアップしたであろう部分がわかり、面白いです。

伝承がたくさん登場する

先述した通り、原作には関西の伝承がたくさん登場します。

それを推理し、考察し、解釈していき、怪異と闘う準備をしていました。

映画では割と「琴子」だよりでしたね。

比嘉姉妹

映画では「琴子」は命を落としてしまいますが、原作は「比嘉姉妹シリーズ」で、たくさん続編があります。

あと、真琴もめっちゃ活躍します。

最終決戦

最終決戦の場所は、映画では田原家のマンションですが、原作では真琴のアパートでした。

壮大な祈禱シーンは、あの高層マンションでなければ難しそうですよね。

英断です。

津田はお隣さんの名前

原作には、映画に登場しない人物「お隣の津田さん」が存在します。

そのため、民俗学教授で、秀樹の友人であるのは「唐草」という人物でした。

今日の本学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

映画「来る」と、原作小説「ぼぎわんが、来る」を比較しました。
原作を読むと、映画の背景がよりくっきりと見えてきますね。

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました