ゴーギャンは行方不明

読書

われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか

フランスの画家「ゴーギャン」の作品のひとつである。

西洋文明の社会に絶望したゴーギャンは、己の思い描いた楽園を求めて南太平洋の島タヒチへ渡ります。

しかしそこは彼が思い描いた楽園ではなく、ゴーギャンは病気と貧困に悩まされてしまいます。

希望を失ってしまったゴーギャンは、人生最期の作品として、「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」を制作したあと、自殺を図ってしまいます。

手塚治虫の漫画にもこのストーリーをオマージュした話がある。

ブラックジャックの「絵が死んでいる」である。

核実験に巻き込まれた画家の青年の話で、ブラックジャックの中でも、かなり濃厚かつメッセージ性の強い話である。

この話が本誌掲載されたタイミングは8月18日号。

手塚治虫から読者へ、戦争や平和に対するメッセージだったのだ。

漫画も、絵画も、強烈なメッセージを残し、継承するためにとても有効である。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ブックマーク コメント よろしくお願いします。

neo_tennoji|note

noteにも遊びに来てください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました