トイ・ストーリー3が心に残る理由【4との比較も】

映画

トイ・ストーリー3」をご覧になったことはありますか?

シリーズの中で、この作品が最も好きだという方も多く、

シリーズ屈指の名作と言われることもしばしば。

それには、ストーリーやキャラクターの魅力という枠を越えた、理由がちゃんとあります。

管理人
管理人

今回は、「トイ・ストーリー3」の人気の高さの理由と、「トイ・ストーリー4」との違いはどういったところかを解説します。

STORY

大学に行くため準備を始めたアンディ。ウッディやバズ、ジェシーをはじめとしたアンディのお気に入りのおもちゃたちは、自分たちの今後を案じていた。そんなある日、ウッディたちは手違いでサニーサイド保育園に寄付されてしまう。初めて会うおもちゃたちに囲まれたウッディたちに、新たな冒険が始まりを告げた。

https://youtu.be/1ZDP-ptVzNM

20~30代の心に刺さりすぎる

「トイ・ストーリーシリーズ」は

「トイ・ストーリー」が1995年

「トイ・ストーリー2」が1999年

「トイ・ストーリー3」が2010年に公開されています。

そう、3の公開には、11年もの月日が経過しています。

主人公アンディが、3で大学生になっていたのと同じく、我々鑑賞者も大人になっていたのです。

かくいう私も、「トイ・ストーリー1」公開時は、小学生でした。

映画館やテレビ放映、DVDで「トイ・ストーリー」を観て、

おもちゃが動いていたらいいな

おもちゃは友だち

だと思っていた私たちが、すっかり大人になってしまった。

今はすっかり使わなくなったけど、押し入れにはまだあの頃の懐かしいおもちゃが眠っている

あるいは、一人暮らしのタイミングで、ほとんど捨ててしまった…。

おもちゃからの解放

アンディは「トイ・ストーリー3」で最終的におもちゃを他の子どもに譲ります。

これを観て、トイ・ストーリーと共に育った20~30代の世代は、

おもちゃと決別してもいいんだ

おもちゃを手放すのって難しいよね

とかなり共感するはずです。

この圧倒的なシンパシーこそが、シリーズを名作と位置付ける人が多い最大の理由ではないでしょうか。(あるいはエンパシーかもしれませんが)

やってみよう!エンパシー!!
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルーを読むべき理由。

心の底で、「おもちゃとの別れ」「子どもから大人へ」というメッセージが強烈に心にフックしているわけです。

こちらの説は、岡田斗司夫さんも動画で解説しています。

最高の落としどころ

そんな誰しもが複雑な思いで通過してきた、

「おもちゃとの決別」「おもちゃからの卒業」

というテーマとして、最高の落としどころで決着させています。

「自分もこうしたかったし、これならおもちゃも幸せだろう」

という鑑賞者がみな納得できるエンディングです。

だからこそ、「3」で終わってほしかったという意見が多発しているのでしょうね。(私は4大好きですが)

みんなの心がひとつになる悪役の存在

こちらはネタバレを含みますので、お読みになりたい方は下記をご覧ください。

よろしいでしょうか。読みたくない方はとばしてください。

「トイ・ストーリー3」では、「ロッツォ」というおもちゃが登場します。

保育園のおもちゃの親玉的存在で、優しいふりをしつつ、実はとても悪いおもちゃなのです。

新しくやってきた、アンディのおもちゃたちを、対象年齢からは遠い子どもと遊ばせて、ボロボロにしたり、監禁したり、バズを洗脳したり、挙句の果てには、焼却場で助けた恩を仇で返したりと、最後まで悪いやつなのです。

ここまでの悪役はディズニー作品ではなかなかお目にかかれません。

ディズニー・ヴィランズに入れるほど。とにかくトイ・ストーリー至上ぶっちぎりで悪いおもちゃです。

そんな悪役「ロッツォ」という、共通の敵がいたからこそ、鑑賞者もより感情移入できたし、エンディング時の感動も大きくなったのでしょう。

起承転結も完璧

「トイ・ストーリー3」は脚本も完璧です。

「僕たち捨てられちゃうの」

「保育園は最高」

「脱出しなきゃ!」

「新たな持ち主のもとへ」

と、起承転結が見事にはっきりしているので、物語を思い出しやすいし、心にも残りやすい。

これもまた名作たる所以です。

持ち主目線の終着が3

上記のことを踏まえまして、「トイ・ストーリー3」は持ち主「アンディ」目線での終着的な映画といえます。

映画を「アンディ」目線で観ている人にとって、「トイ・ストーリー3」は超名作として心に残ったのではないでしょうか。

また、起承転結がはっきりしているので、納得しやすく、

強烈な悪役も登場するという点から、

エンターテイメントとしてのクオリティが非常に高いと言えます。

おもちゃ目線の終着が4

「トイ・ストーリー3」に比べ不人気な「トイ・ストーリー4」ですが、

こちらは「おもちゃ目線」でシリーズに決着をつけた名作です。

私はこちらの終わり方も大好きです。

たぶん、ある程度映画を観ている人にとっては、4の方が味わい深い作品だと思います。

詳しくはこちらで解説していますので、ぜひお読みください↓↓↓

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

「トイ・ストーリー3」が名作と呼ばれる理由を解説しました。20~30代の心に刺さりやすく、エンタメ作品としてのクオリティも超一級の傑作です。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました