大阪@DEEP古い安い怖い「新世界国際劇場」

映画

大阪のDEEPなスポットを紹介するシリーズ。

今回はかなりDEEP。新世界にある名画座「新世界国際劇場」です。

 



結論

3本立てで千円は安すぎるし、放映ラインナップも絶妙。でも、行きたくても、行けない理由がある映画館なのです…。

詳しく解説していきましょう!

はじめに

「新世界国際劇場」は串カツと一杯飲み屋の町、新世界にあります。

1950年に興行がはじまり、そのころからほとんど姿が変わっていません。

アールデコ調の建物、今では珍しい映画の大看板がナイスな映画館です。

画像1

 



3本立てで千円は安すぎる

画像2

なんと、このご時世に3本1000円。

安すぎ。

1100円への値上げも今のところ考えていないそうです。

ラインナップも絶妙

そんな安さでどんな作品をやってるのかというと、驚くなかれ。

めっちゃいいラインナップです。

2022年1月現在は「DUNE」「クーリエ」「キャンディマン」という豪華3本立て。

素晴らしい。

今までも、見逃したから行きたいと思うことがしばしばありました。

しかし…。

行きたいけど、行けない理由

新世界国際劇場の地下はピンク映画を上映しています。

画像3

そしてこちらはなんと大阪で有名な「ハッテン場」だそうです。

館外にもかなり高い確率で女装した方がいらっしゃいます。

館内には、人を物色するゾンビのようにうろつく人がいるとかいないとか。

お気に入りを見つけたら、マッチングし、お手洗いへ…。

怖いです。

地上階の通常の映画館でも、そういったことがあるという噂をたまに聞くので、怖くていけません笑

地上階は普通説もあるのですが…。知ってる方いたらコメントやSNSでメッセージください。

キャンディマン観たいんです笑

画像4

最後までお読みいただきありがとうございます!

いつか突撃レポートします。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123



コメント

タイトルとURLをコピーしました