「サラバ!」西加奈子【読書備忘録】

読書

西加奈子さんの「サラバ」を読みました。

先日読んだ「ふくわらい」「i」「さくら」が非常に心に響いたので、同じく西加奈子さんの著書を手に取りました。

「サラバ!」は、第152回直木三十五賞を受賞し、西加奈子さんを代表する作品です。

又吉直樹さんも、今作を読んで小説を書き始める決意をしたそう。

最後まで読むと、その理由に深く納得できます。

小説や物語を作ってみたいあなたへ勇気を与える、そんな一冊です。

STORY

1977年5月、圷歩は、イランで生まれた。父の海外赴任先だ。チャーミングな母、変わり者の姉も一緒だった。イラン革命のあと、しばらく大阪に住んだ彼は小学生になり、今度はエジプトへ向かう。後の人生に大きな影響を与える、ある出来事が待ち受けている事も知らずに―。

Google booksより引用

印象的だった点

これまで読んだ「ふくわらい」「i」「さくら」においても、主人公たちは、決して幸福とは言えない人生を歩んでいます。

どの作品でも、私は主人公と自分を重ねて読んでしまいました。

その度合いが「サラバ!」が最も強かったように思います。

特に、家庭や、学校、社会における自分の自分の立ち位置。

できるだけ穏やかに、角が立たないように。

家族の中で中立であろうとした。

立ち入りしすぎないようにした。

私の家族にも、かつて暗黒の時代がありました。

そんな時、私も自分は自分で忙しいふりをして、家族から逃げていました。

非常にシンクロして、かつての自分を戒めつつ、前に歩もうという勇気をもらえました。

印象的だったセリフ

「あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ」

「ものが増えていくのが、恥ずかしいんです」

今日の本学

最後までお読みいただきありがとうございます。

管理人
管理人

「サラバ!」は上下巻でなかなかボリュームのある作品ですが、得られるものはもっと大きいです。
自分と見つめ合う機会をくれる本。ただの物語で片づけにくい本でした。

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123



コメント

タイトルとURLをコピーしました