「ROCKY」は復活の物語【ただのボクシング映画にあらず】

映画

映画「ROCKY」を再鑑賞しました。

大好きな映画です。

私が映画を好きになったきっかけの作品のひとつでもあります。

自己紹介&ブログの目標
ブログをスタートして時間も経ち、投稿数も増えてきたので、改めて自己紹介をさせていただきます。 私の自己紹介や、ブログの目標をお伝えさせていただきます。経歴や職歴の少し具体的な内容です。

これまではアメリカンドリーム、古き良きアメリカ映画、愛と青春の物語を味わうための映画でしたが、

町山智浩さんの解説を聴いてから観ると、違った側面がありありとみえてきて、感動がより大きくなりました。

管理人
管理人

お言葉を借りつつ、ROCKYを深く味わうためのポイントを解説します。

スタローンの魂がこもった映画

先天的に顔の半分が動かないスタローン。

30歳になっても、俳優としての芽は出ていませんでした。

挙句の果てにはセクシービデオに出演。完全に落ち目の俳優です。(ROCKYのヒット後、そのビデオはイタリアの種馬という名前で再販されたそうです)

そんなある日、チャック・ウェプナーという無名のボクサーが、モハメド・アリ相手に15Rを闘い抜き、一度はダウンをも奪うという試合を目にします。

これだ!と思ったスタローンは見事な脚本を完成させ、自分を主役にするという条件で売り込むことに成功。

この時点ですでにアメリカンドリームを感じるのは私だけではないはずです。このお話がもう、映画のようですよね。

全米を励ましたROCKY

ROCKYは1976年に公開され、その当時のアメリカの人々を、大いに勇気づけました。

当時のアメリカン・ニューシネマ

当時のアメリカは、ベトナム戦争の敗戦やウォーターゲート事件、オイルショック、造船業の失速など、敗色ムードに包まれていました。

映画も、そんな時代は暗い作品が多かったそうです。

現実でも、映画館でも、暗いものを観なければならないのか…。

そんな時、ROCKYが公開されます。

アメリカンドリームや、下町の人々を救うROCKYのストーリーはアメリカの人々を励まし、大ヒットとなったのでした。

ROCKYという名前

ROCKYという名前は、作中でも語られるように、ロッキー・マルシアノというボクサーから来ています。

また、ロッキー・グラジアノというボクサーもいました。

どちらもイタリア系。

ボクサーといえばROCKYというイメージだったのですね。

二人共大変な人気だったそうです。

また、「哀しみの街かど」という映画では、アル・パチーノ演じる主人公が、犬の名前にROCKYと名付けています。

現在でも、ペットの名前にROCKYは多く観られます。

それだけ、アメリカでは人気のある、ヒーローの名前だと言えます。

ROCKYは復活の物語

ROCKYはただのボクシング映画ではありません。

実は宗教映画なのです。

冒頭はキリスト

ROCKYの冒頭は、キリストの壁画のアップ、教会での賭けボクシングから始まります。

カメラは徐々に下がり、そこには“resurrection”の文字が。

resurrectionは復活を意味する言葉です。

ROCKYはイエス・キリスト

終盤の試合、リングの上で、何度も殴られ、ダウンしても、立ち上がるROCKY。

これも傷つき貼り付けにされるイエス・キリストと同じです。

そして仲間や友達、恋人を救いの道へ導く

まさにロード。イエス・キリストのメタファーなのです。

衰退・敗退に落ち込むアメリカを「復活」させる。

みんなを勇気づけ、救う。それがROCKYの隠れたテーマです。

愛のあるキャスティング

ROCKYはキャスティングにも愛が溢れています。

スタローンの弟も出演

オープニングでは、焚き火を囲みながら路上で歌う人々が観られます。

メインで歌う男性こそが、スタローンの弟、フランク・スタローンです。

よく観ると似てます。

カフとリンク

ROCKYとエイドリアンのキューピッドとしても活躍する二匹の亀

名前をカフとリンクといいます。

彼らは何と、2015年の「クリード2」にも出演しています。

長生きです!

ランニングシーンのリンゴ

ROCKYで有名なシーンの一つがランニングシーンです。

あのシーンの撮影中、スタローンはまだ売れる前で知名度がありませんでした。

そのため、ボクサーのドキュメンタリー番組だと勘違いされたそう。

リンゴを渡した男性も映画の撮影だとは知らずに、スタローンへ投げたのだとか。

偶然が生んだ、人情溢れた素晴らしいシーンですね。

どうりで心に刺さるはずです。

まだまだこぼれ話が!

その他にも、まだまだ見どころ満載です。

ROCKYのキャラクターと、制作秘話を紹介します!

モデルはチャップリン?

シルベスター・スタローンはインタビューの中で、

「ROCKYのモデルはチャップリンなんだよ」と語っています。

チャップリンの名作「街の灯」をご存じでしょうか。

チャップリンが盲目の女性を笑顔にするため、あれこれと活躍するお話です。

金策の為、様々な仕事をするのですが、その中でボクサーも演じています。

スタローンは「街の灯」のチャップリンも意識していたそうです。

金欠の結果名シーンに

スケートリンクのシーンはとてもロマンチックですよね。

営業終了後、誰もいない、二人きりのスケートリンク。

当初あのシーンはエキストラを雇う予定でしたが、なにぶん低予算で作られたROCKY。

雇うお金がなかったのです。

しかしながら、その結果、なんともロマンチックで印象に残る名シーンとなったわけです。

また、最後の試合のシーンもちゃんとしたエキストラを雇えず、路上生活者をケンタッキーフライドチキンで雇ったのだとか。

生卵

こちらも有名なシーンのひとつ、寝起きに生卵を飲むシーン。

プロテインの役割としてだけではなく、「強い男」を象徴しているということをご存知でしたか?

当時のアメリカの生卵は食品衛生上、生で食べるのはとても危険な行為とされていました。

そんなことを平気でやってのけるROCKYの豪快さや、向こう見ずなところ、ストイックさを見せるためのシーンでもあるのです。

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

ROCKYをより深く味わうための見どころをたくさん紹介しました。
これらを踏まえた上で観る終盤のファイトは格別ですよ…!!

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました