アクションアパートメントホラー

映画

映画「キョンシー」を解説します。

1分で読めます。

結論

意外といい。パッケージほど、おどろおどろしくない。

です。

観て損はないと思います。

映画「キョンシー」とは

2013年の香港映画で、ジャンルはホラーです。

監督はジュノ・マック 呪怨シリーズの清水崇がプロデューサーをつとめています。

そのため、ジャパニーズホラーの風味が盛りだくさん。

アイコニックな「悪霊」とキョンシーのコラボです。

古き映画「霊幻道士」から笑いをいっさい省き、ホラーに徹しています。

Amazon Prime Videoで観ることができます。まもなく配信終了です。

解説

・ドクタースリープのような浪漫がある。

 超常現象と闘う、能力をもった人々の闘いが観られ、ドクタースリープやハリーポッターのような面白さがあります。

・アクションとしてもホラーとしてもコメディとしても割と見応えはある。

意外だったのですが、めっちゃアクションです。開始10分くらいはアクションに驚きます。しかし、怖がりどころも多いです。ホラーとして成立しています。俯瞰して観ると笑えるのもホラーらしくてよいです。パイプ刺さるシーンは笑っちゃいました。

・アパートから出ない閉鎖性が面白い

何か香港らしい、メタファーを感じずにはいられません。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます!

そこそこ闘えるホラーっていいよね。

ブログではさらにピンポイントで見どころを解説!!

 

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました