【スパイダーマン:ファーフロムホーム】ドローンのメタファーを解説

映画

スパイダーマンのMCUシリーズの第二作目「ファーフロムホーム」を鑑賞しました。

第二作も、ピーターの高校生らしい葛藤と成長、そして意外性満載でかなり楽しめました。

管理人
管理人

今回の記事では「ファーフロムホーム」の見どころや解説をしっかり紹介します!

冠を頂くものは心安まらず

今作の序盤で登場する

「冠を頂くものは心安まらず」

ニック・フューリーがピーターへアイアンマンのハイテクグラスを渡した時に放つセリフです。

シェイクスピアの「ヘンリー四世」というお芝居の引用です。

文字通り、高すぎる地位を得ると、人は心を休める余裕がなくなる。過度なプレッシャーや責務が生じるという意味です。

僕もアイアンマンから次のリーダーに指名されるのは、嫌だなぁ笑

ギレンホールが出演

ジェイク・ギレンホールが超重要な役で出演しています。

私は彼のことが大好きです。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」「ワイルドライフ」など、映画通好みの作品で素晴らしい演技を魅せてくれます。

そんな彼がスーパーヒーローもの、それもMCUの中でもポップな作風のスパイダーマンに出演しているとは…。驚きました。

しかもとてもハマっていますよ!

ドローンの脅威

今作で重要なポイントのひとつが「ドローン」の脅威です。

私はこれを中国に対する脅威のメタファーなのではないかと思っています。

ハイテク産業の発展が著しい中国。

その中でも、北京オリンピックで見せた見事なドローン演出。

中国のドローンの開発技術はとてつもないものです。

ドローンでリードすることは、軍事力で覇権を握ることに繋がるといっても過言ではありません。

そんなことを暗に伝えていたのではないでしょうか。

ムズムズとは?

作中で何度か登場する「ムズムズ」という表現。

ラストでは「頼むぞ、ムズムズ」というセリフが見られます。

これは、英語では「Come on, Peter-tingle」

と表現されます。

tingleとは「ムズムズする」の他に「ズキズキ」「ヒリヒリ」「ゾクゾク」のような意味合いがあります。

日本でいうところの第六感とか、野生の勘とか、そういった印象ですね。

トム・ホランドの身長は?

「ファーフロムホーム」では、ヒロインのMJと並んで立つシーンが多くあります。

トム・ホランドって意外と小さいのかな…?と思った方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

実際のところ、トム・ホランドの身長は170.2cmで決して低くはありません。

実はMJ役のゼンデイヤの身長が180cmとかなり高いのです。

海外俳優としてはやや低めかもしれませんが、あれくらいのほうがスパイダーマンっぽくていいのではないかと私は思います。

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

「ファーフロムホーム」の見どころや解説をお届けしました。
どんどんゼンデイヤとトム・ホランドが好きになるし、ギレンホールもサミュエルも出ててるので、映画好きも満足できること間違いなしです。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました