【ドライブマイカー】爽やかに落ち込める映画

映画

 



“僕は 正しく傷つくべきだった”

映画「ドライブ・マイ・カー」の見どころ紹介です。

結論

・フランス映画のように甘美

・西島秀俊の魅力ムンムン

・三浦透子も、 脇を支える俳優陣も、 素晴らしい

良くも悪くも村上春樹

はじめに

「ドライブ・マイ・カー」は2021年 日本の作品です。

村上春樹の短編小説集「女のいない男たち」に収録された短編「ドライブ・マイ・カー」を、「偶然と想像」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した濱口竜介監督・脚本により映画化。舞台俳優で演出家の家福悠介は、脚本家の妻・音と幸せに暮らしていた。しかし、妻はある秘密を残したまま他界してしまう。2年後、喪失感を抱えながら生きていた彼は、演劇祭で演出を担当することになり、愛車のサーブで広島へ向かう。そこで出会った寡黙な専属ドライバーのみさきと過ごす中で、家福はそれまで目を背けていたあることに気づかされていく。主人公・家福を西島秀俊、ヒロインのみさきを三浦透子、物語の鍵を握る俳優・高槻を岡田将生、家福の亡き妻・音を霧島れいかがそれぞれ演じる。2021年・第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、日本映画では初となる脚本賞を受賞。ほか、国際映画批評家連盟賞、AFCAE賞、エキュメニカル審査員賞の3つの独立賞も受賞した。

ドライブ・マイ・カー : 作品情報 – 映画.com (eiga.com)

フランス映画のように甘美

今作を通して一番感じた点です。

浮気、死、生き方、演劇など、フランス映画っぽさがふんだんにあるように感じました。

なお、西島秀俊演じる主人公は演劇家で、『ゴドーを待ちながら』『ワーニャ伯父さん』が劇中に登場します。

特に『ワーニャ伯父さん』は内容を頭にざっと入れてから鑑賞するといいかもしれません。

西島秀俊の魅力ムンムン

ほぼ主人公目線で物語が進みます。2時間半以上西島秀俊を鑑賞することとなる訳です。

演技力は去ることながら、服を着ていても分かるマッスル。カッコいいです。

落ち着いた大人の魅力をご覧いただきたい。

三浦透子も、脇を支える俳優陣も、素晴らしい

三浦透子の演技も、この映画の世界観にビシビシハマっていて素晴らしかったです。

私は「鈴木先生」の彼女の演技をよく覚えています。

あの頃は明るさが前面に出た役でしたが、今回の翳りのある演技、見事でした。

これからの活躍が楽しみですね。

また、台湾や韓国の俳優役の面々もいい感じでした。

目立たないながらも、いい味です。

良くも悪くも村上春樹

村上春樹っぽいなあ~。という映画でした。

ハルキストは絶対にハマる映画でしょう。

そうでない人は、ゲートウェイにおすすめです。

最後までお読みいただきありがとうございます!

2021年の邦画では最も気になっていたので、観られてよかったです。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました