「ドント・ウォーリー・ダーリン」フロピューの顔芸が必見!

映画

映画ドント・ウォーリー・ダーリンを鑑賞しました。

「ブック・スマート」で、青春コメディ映画に革命を起こした、オリビア・ワイルド監督の最新作です。

その路線で映画を作っていくのかと思いきや、学生ではなく夫婦、加えてまさかのコメディではなくスリラーときています。

非常に楽しみな想いを持って鑑賞に向かいました。

管理人
管理人

今回の記事では、今作の構成を考慮し、なるべくネタバレをせずに、映画をより深く味わうためのポイントを解説します!

STORY

完璧な生活が保証された街で、アリスは愛する夫ジャックと平穏な日々を送っていた。
そんなある日、隣人が赤い服の男達に連れ去られるのを目撃する。
それ以降、彼女の周りで頻繁に不気味な出来事が起きるようになる。
次第に精神が乱れ、周囲からもおかしくなったと心配されるアリスだったが、
あることをきっかけにこの街に疑問を持ち始めるー。

公式サイトより引用

 



監督オリビア・ワイルド

オリビア・ワイルド監督は、もともと俳優をしていました。

「トロン」「her」「リチャード・ジュエル」など、多くの作品に出演経験をもちます。

そのため、今作「ドント・ウォーリー・ダーリン」にも出演しています。

めっちゃ主要キャラです。

監督としては「ブック・スマート」がデビューとなっています。

「ブック・スマート」はめちゃくちゃ面白い作品ですので、

監督としての才能が、非常に高いことが伺えますね!

ちなみに、私生活では、「ドント・ウォーリー・ダーリン」に出演している、ハリー・スタイルズと交際しているそうです。

 

主演フローレンス・ピュー

主演のフローレンス・ピューは「ミッドサマー」での演技に高い評価が集まっています。

もの凄い演技でしたね…。

はまり役

今作も、ミッドサマーも、いわゆるユートピア系という点では共通しているので、はまり役であることは間違いありません。

個人的に、私は「ストーリー・オブ・マイライフ」でフローレンス・ピューの演技を観ました。

感情を大きく表す演技がたまらないです。

今作で強く感じたのですが、フローレンス・ピューは、声がハスキーで可愛いですね。

背も低くて、伊藤沙莉さんみたいです。

顔芸強め

「ドント・ウォーリー・ダーリン」では、かなり顔芸を披露してくれています笑

シリアスな中で、いきなりくるから、緊張の緩和でめちゃくちゃ笑えます。

サランラップのシーンは必笑でしょう。

サブリミナル演出

2度3度ほど、サブリミナル的な演出があります。

0.5秒くらいのわずかな隙間なので、見逃し注意です!

ジャンプスケア演出も数か所ありますので、恐いのが苦手な方は気を引き締めていきましょう。

 



ぶっちゃけどうなん?

今作は、フローレンス・ピューの代表作、「ミッドサマー」と比較されていることが多いです。

ぶっちゃけたところ、私は「ミッドサマー」の方が好きです。

正直「ドント・ウォーリー・ダーリン」は、奇妙さも、グロテスクさも、エロスも物足りないように感じました。

ラストも何となく予想できてしまいましたし…。

とはいえ、フローレンス・ピューの演技は見ごたえありです。

あと、ハリー・スタイルズのダンスがめちゃくちゃダサい

 

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

「ドント・ウォーリー・ダーリン」の見どころや解説をネタバレなしでお伝えしました!フローレンス・ピューが好きな人は、観て損なし!

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました