世界一息苦しい映画「ザ・ディープ・ハウス」

ホラー映画

怖いだけじゃない。…苦しい!

映画「ザ・ディープ・ハウス」を鑑賞しました。

公開時、結構話題になった作品で、怖いのはもちろんなのですが、水中で怪異に遭遇するという画期的な設定が素晴らしい作品です。

管理人
管理人

今回の記事では、「ザ・ディープ・ハウス」の見どころを解説していきます!

STORY

世界各地の廃墟などをアップし登録者数を増やしているYouTuberカップルのティナ(カミーユ・ロウ)とベン(ジェームズ・ジャガー)は、ある湖に沈められた曰くつきの屋敷を撮影が目的でフランスの郊外にやって来た。
湖畔で知り合ったピエール(エリック・サヴァン)から場所を案内してもらい水面下に潜ると不気味な屋敷が彼らを待っていた。
屋敷内を探索、撮影していると不思議な現象や幻影が次々と襲って来る。危険な雰囲気を察知し酸素量も少なくなり屋敷から出ようとするが、いつの間にか出口が塞がれていた。パニックとなる彼らの目の前に、想像を絶する恐怖が!!!

映画公式サイトより引用

「屋敷女」「レザーフェイス 悪魔のいけにえ」など数々の恐怖映画を手がけるジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ監督。

製作総指揮は、『ワイルド・スピード』最新作の監督に抜擢されたルイ・レテリエが務めています。

また、メインキャストとなるYouTuberカップルを、ミック・ジャガーの息子である俳優のジェームズ・ジャガーと、世界で活躍するトップモデルのカミーユ・ロウが演じています。

ダニー
ダニー

あんまり似てないよ。

 



どうやって撮影を?

今作はほとんどが、湖の底のシーンです。

あれ、どうやって撮影したのかというと、CGなどは使用せず、実際にセットを水の中に沈めて行ったそうですね。

俳優も大変だったことでしょう。

キャストに予算をかけなかった分、セットにかけたような印象でした。

そのため、見ごたえはあります!

よく考えたら、ほとんどダイビングスーツだし、俳優は誰でもいいですもんね笑

二重の恐怖

「ザ・ディープ・ハウス」の凄いところは、やはり恐怖が二重にあることでしょう。

ただの”出る”廃墟ってだけで怖いのに、その上、水中で酸素ボンベなしには息が続かないというダブルパンチ。

これ、怖いし、きついですよ~。

こんなに疲れる映画はなかなかあったものではありません。

 



心霊スポットは、だめ

この映画を観ると、あらためてみだりに心霊スポットに行くのはよいことではないなぁと思います。

私も学生時代、心霊スポットに行ったことがありますが、めちゃくちゃ怖かったです。

不謹慎な気もしますしね…。

二度と行かないし、周りに行こうとしている人がいたら「ザ・ディープ・ハウス」を見せて止めます笑

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

ダニー
ダニー

「ザ・ディープ・ハウス」の見どころをお伝えしました。

管理人
管理人

一味違うホラーを観たい人や、心霊スポットに行こうとしているご友人を止めるのにピッタリな作品です!

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/bit0tabi
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/bit0tabi/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/bit0tabi/
noteはこちら
https://note.com/bit0tabi

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました