やっぱ・ニコルソン

映画

初代バットマンを観て得た学びです。1分で読めます。

 



はじめに

バッドマンは多くの映画作品があります。

1989年バージョンはティム・バートン監督

ジョーカー➡ジャック・ニコルソン

バッドマン➡マイケル・キートン

という布陣で、監督とキャストから推察できる通り、奇抜な作品です。

感想

やはり、ジャック・ニコルソンの演技はすごい

感動しました。しっかり腹出てるのに、ジョーカーらしい魅力や艶がありました。

ホアキンもヒースレジャーもいいけど、一番ぞくぞくしたのは、ニコルソンジョーカーでした。

ジョーカーの狂気を後に継承していくこととなる、見事な演技でした。

ダンスのシーンはたまらんです。

今作を観て、確信したことがあります。

それは、バットマンシリーズにおいて、どうもジョーカー側に魅力を感じてしまう。

という点です。

バッドマンは超リッチ。すごいメカをガンガン開発・使用します。

しかし、ジョーカーは割とシンプルな車や、銃で、タクティクスに闘います。今作では、化学の力でゴッサムシティを恐怖に陥れていました。

どちらを身近に感じるかというと、ジョーカーの方なんですよね。

ホアキンのJOKERも、そうではないでしょうか。

豆知識

●ジョーカー一味の車が、エヴァ初号機カラー

●美術館の絵画をめちゃくちゃにするシーンで、リンカーンにはノータッチで、ワシントンには赤丸をしている

●マイケル・キートンはビートルジュース役を演じている(白塗り)

●ジャックニコルソンとティムバートン監督はジョーカーの髪色でもめた

最後までお読みいただきありがとうございます!

ジャックニコルソンの演技は最高です。

シャイニングも、カッコーの巣の上でも、The Bucket Listもめちゃくちゃ印象的なのに、演技わけができている。

普通、ジョーカーとジャック・トランスやっちゃったら、何出ても、怖いおじさんに見えちゃいますよね笑

でもそうじゃない。名優とはああいう人を言うのですね。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました