ようやく「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を観た【意外とまた観たい】

映画

映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を初めて鑑賞しました。

管理人
管理人

結論、落ち込まなかったし、かなり楽しめました

また観たいと思っているほどです。

その理由をお伝えします。

 



意外といけるその理由

鬱映画として話題に上がりやすい「ダンサー・イン・ザ・ダーク」

私も鑑賞前は過度に落ち込むのではないかと、ビビっていました。↓↓↓↓↓↓↓↓

しかしながら、私は案外もう一度観たいと思っています。

その理由として…↓↓↓↓↓↓↓↓

理由はミュージカル

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」はミュージカルとドラマのハイブリット映画です。

ミュージカル要素が加わることによってかなり見やすくなります。

なぜミュージカルが加わると見やすくなるのかというと…

フィクション感が増す

重いシーンや、重要なシーンで、あえてミュージカルをいれる演出がみられます。

これによって、重さを中和する効果がありました。

「ああ、これは映画だったな」と俯瞰して、気持ちを楽にして観ることができます。

ヘンテコ感・オシャレ感が増す

ただただ重いテーマの映画は数あれど、重い中に明るいミュージカルを取り入れた映画は他にはありません

これによって「ダンサー・イン・ザ・ダーク」は、「変わった映画」という雰囲気が強いです。

「変わってて、いい感じだな」「オシャレだな」といった印象を受けました。

単純に歌声が素晴らしい

ご存じの方が多いかと思いますが、主演の「ビョーク」はアイルランドの至宝と言われる歌手です。

独特のハスキーで耳に張り付くような声。素晴らしいです。クセになります。

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の曲のほとんどを、彼女が作曲しています。

声も曲も本当に素晴らしい。

壮大なMVやライブ映像として観たとしても、震えるほど素晴らしい曲ばかりです。

工場のシーンはたまりませんでした。

 

ラストはカッコよさすら感じる

ネタバレになるので、詳細は控えますが、私はあのラストをカッコいいと感じました。

歌を愛する者として、母として、カッコいいなと感じました。

「あのラストがキツ過ぎる…」という感想をよく耳にしますが、案外いけるかもしれませんよ。

パラサイト」や「チョコレートドーナツ」よりはキリのよさや後味は悪くないラストだと思いました。

それもこれも、ミュージカル演出のお陰ですが。

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」は鬱映画の代表といわれる作品で、私もこれまで鑑賞を避けていましたが、ミュージカル演出があるから、案外大丈夫。私のように、避けて観ないのはもったいない!

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました