【トップガンM予習】最新作を楽しむために押さえておくべき登場人物

人気記事

トップガン」をAmazon Prime Videoで鑑賞しました。

学生時代に鑑賞済みですが、続編にあたる

トップガン・マーヴェリック」の予習を兼ね、再鑑賞。

ザ・アメリカ映画という感じです。清々しい。

能力の高い主人公が、挫折をしたり、仲間や上官から刺激を受けたりしながら成長していく王道ストーリー

管理人
管理人

あまりにも有名な作品であるため、内容に関するありきたりな解説は控えます。

最新作「トップガン・マーヴェリック」をより楽しむためのポイントに絞って解説します!!

関連キャラクター

「トップガン」から引き続き登場するキャラクターやキャストを紹介します!!

マーヴェリック(トム・クルーズ)

まずはもちろん主人公、「マーヴェリック」です。

かつての天才パイロットが、教官として帰ってきます。

およそ36年前の前作のラストに、希望進路を聞かれた際、「できれば教官になりたい」と言っていたマーヴェリック。

結構時間が経っていますが、はたしてそのあたりは何かしら理由をつけるのでしょうか。

楽しみです!!

アイスマン(ヴァル・キルマー)

マーヴェリックのライバル「アイスマン」役をヴァル・キルマーが続投します。

彼は何と、咽頭がんを患い、俳優生命が危惧されていましたが、闘病の末出演を果たしました…。

熱いですね…!!!

魂の演技をお見逃しなく。

ルースター(マイルズ・テラー)

マーヴェリックのかつての相棒「グース」の息子役です。

「グース」は、マーヴェリックが操縦する機の墜落により命を落とします。

かなり因縁のある関係といえますね。前作ではマーヴェリックが息子を抱くシーンも観られましたが…。

きっと気まずい間柄なんだろうなぁ。ドラマがありそうです。

マイルズ・テラーは「セッション」で素晴らしい演技を魅せました。

高い演技力にも注目です!!

トム・クルーズが大事に守った

「トップガン」のような人気作が、なぜこれまで続編を作られることがなかったのか。

それは、トム・クルーズ自身が、続編制作の権利を持っていたことが理由です。

理想的な脚本が出来上がるまでは、決してゴーサインを出さなかったそうです。

それだけ大事な作品なのですね。

ドッグファイト

トップガンでは、空軍の協力のもと撮影された、本物の戦闘機を用いたドッグファイトのシーンが高い評価を受けています。

戦闘機同士の空中戦を、「ドッグファイト」と呼ぶのですが、

ふと、「なぜ『ドッグファイト』って呼ぶんだろう」と疑問に思いました。

ドッグファイトの呼称は、戦闘機の近接戦闘では相手を追尾する態勢が有利であり、その姿が犬同士が尻尾を追いかけ合う姿に似ていることに由来する。

Wikipediaより引用

なるほど。超納得

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

「トップガン・マーヴェリック」に備えて、前作から引き継がれているキャストを中心に、押さえるべきポイントを解説しました!
また、観終えた後に、感想をアップしたいと思います。

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました