【真・事故物件】真、真、満足、1本満足♬

映画

真・事故物件」をシアタス心斎橋で観ました。

非常に後を引く作品。見どころをネタバレなしで解説します!

非常に珍しい、観るだけで痩せることができる映画でした。

はじめに

TOCANA編集長・角由紀子原案によるTOCANA映画第1弾にして“事故物件”映画史上最恐&最狂の衝撃作がついに完成!監督・脚本は数々の短編スプラッター・ホラーで注目され、長編劇場用映画デビュー作『星に願いを』で「ゆうばり映画祭」を震撼させた“ジャパニーズ・ホラーの暴走王”佐々木勝己。脚本段階では映倫から審査拒否を受けるなど、ゴア表現と残虐描写の限界に挑んだ超過激なバイオレンス描写で見る者を圧倒する。

https://shin-jiko.com/

確かに最狂

画像1

かなり異質でした。

私の持論ですが、ホラー映画の監督や脚本家って、心霊を信じている人は少ないのではないでしょうか。
人を恐がらせる内容を、楽しみながら、作っているのではないかと思っています。

仕掛けを凝らしながら、あるいは心理学的なアプローチで。

しかし今作は、おばけや心霊現象は、起こるという前提で、あるあるのような雰囲気で作っているように見受けられました。

これって結構一線を画してますよね。

ある種ホラーを信じ切っているような。深すぎる愛を感じます。つまり、狂ってます

ホラーオカルト愛を感じる理由

画像2

トータルバランスがとてもいいように感じました。

人間の恐さあり、呪術あり、宗教あり、ジャンプスケアあり、スプラッターありです。

オーディションのようでもあり、サスペリアのようでもあり、呪怨のようでもありました。

でもちゃーんとまとまってるし、繋がっています。パクリ感も皆無。 

きっと全てのオカルトカルチャーを真剣に捉え、尊敬しているのだと思います。

1番恐いのは

画像3

島田秀平でした。

もうこれは観ればわかります。笑えるけど、めっちゃ顔恐かったです。

ちょうどいいキャスト

海老野 心さん、小野健斗さん、小島みゆさん、RaMuさんが主な出演者です。

日本のホラー映画ってメジャーすぎるアイドルを起用することによって恐さが減ったり、キツイシーンが少なくなるように感じます。

でもこちらはご安心。程よいです。過剰にCMのイメージなどがないので、没入できました。ユーチューバーを演じるのに適切なキャスティングだったと思います。

また、ここまで恐い映画に出演したこともあっぱれです。私だったら出るのためらいます笑

なんか起きそうだもの笑

ダイエット効果があります

画像4

こちら、痩せたいあなたは必見です。この映画観たら痩せます

この映画で私は多くのカロリーを消費しました。

なぜなら、ずっと緊張していたからです。

この映画は気を抜けるシーンがほとんどありません。ずっと何か起こりそうで身構える必要があります。

面接とか、試験が終わると、とても疲れ、脱力し、お腹が空きますよね。あれは極度の緊張で脳をフル回転させているからです。つまり、多くのカロリーを消費しています。

これと同じ現象がこの映画で起こせますよ。

また、この映画は結構後半グロいので食欲減退効果も期待できます。

つまり、こちらを毎日観れば、カロリーを消費しつつ、あまり食欲はわかないという効果が期待できます。

信じるか信じないかは、あなた次第です笑

最後までお読みいただきありがとうございます!

かなり新しいホラーです。ラストも気持ちいい。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました