繊細じゃなけりゃ成長しない

英語

海外ドラマを観て気付いた、日本の魅力と、成長の鍵について書きます。90秒で読めます。

私は海外ドラマでシャドーイングという学習を毎朝の習慣にしている。関連記事はこちら。

アマプラは本当に使えるサービスですな。

とあるドラマを英語で鑑賞しているときに気づいた。食事のシーンだ。

確かに彼は言った”umami”と。

食事中、味について表現する言葉はどんなものがあるだろう。

甘い、酸っぱい、辛い、苦いなどであろうか。

甘味・・・sweetness
酸味・・・sourness
塩味・・・saltiness
苦味・・・bitterness

と表すそうだ。

さらに加えて、

旨味・・・umami

なのである。

海外では5つ目の味覚として用いられることがあるのだ。

なんと、ニュージーランドでは、”umami”が調味料の名前なのだとか。

やはり日本の食文化というのは大したものである。

さて、タイトル回収です。

海外では、「料理にまつわる日本語」が通じるケースは、意外と多い。

dashi    teriyaki bento なんかもそうだ。まだまだある。

それだけ日本における、食へのこだわりや、技術が高いからだろう。

特に、旨味や出汁など、繊細な部分までこだわり、追求する思いをもって、技術を積み重ねていったからこそ今日の発展があるのであろう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

素晴らしき日本の食文化!出汁とって、旨味感じていこうぜ!!

note、twitter、instagramもよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました